TEL
Menu Close
キービジュアル

耳鼻咽喉科

患者さまへ

みみ・はな・のどについて「おかしいな?」と思ったらお早めにご相談ください。

診療内容および特色

耳鼻咽喉科全般の診療・検査・治療を行っております。また、必要に応じて入院加療、手術も実施しております。

補聴器相談も行っております。

対象疾患

一般耳鼻咽喉科外来診療(アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎に対する手術)
頭頸部領域(甲状腺・耳下腺・顎下腺)の手術
突発性難聴、顔面麻痺に対する高気圧酸素療法


アレルギー性鼻炎

当科では内服治療の他に、手術療法と舌下免疫療法を行っております。

手術はアレルギーの原因物質に関係なく行えます。患者様の状態に応じて下記①~③を組み合わせて手術を行います。当院では全身麻酔下で行っており、入院期間は5~7日程度です。

 

①後鼻神経切断術

鼻の奥には鼻汁やくしゃみを引き起こす神経(後鼻神経)が左右に1本ずつあります。鼻内視鏡を用いて鼻の奥の後鼻神経を同定し、切断します。鼻粘膜のアレルギー原因物質に対する過敏性を改善させ、くしゃみ・鼻水・鼻づまりいずれの症状にも効果があります。

 

②粘膜下下鼻甲介切除術

鼻づまりの症状が強い方は鼻粘膜が強く浮腫状に腫れています。その腫れた粘膜の下の組織と骨を切除することで鼻づまりを改善させます。

 

③鼻中隔矯正術

鼻の穴を左右に分けている壁を鼻中隔といい、軟骨からできています。成長の過程で左右どちらかに大きく曲がっている人がいます。その状態でアレルギー性鼻炎を発症すると鼻づまりが強くなります。その場合は、軟骨の曲がっている部分を切除して鼻づまりを改善させます。

 

舌下免疫療法

  アレルギーの原因となる物質を少量ずつ舌の下に長期間投与することでアレルギー反応を引き起こさないようにさせる治療法です。現存する治療としては唯一の根治治療といわれています。長期にわたり正しく治療を行うことでアレルギー症状の改善・治癒やアレルギー治療薬の減量が期待できます。現在は、スギ花粉とダニアレルギーに対する薬があります。1日1回少量から服用を行い、その後数年間(3年以上)継続して服用します。5歳以上から薬を投与できます。アレルギー反応による副作用(口の中や喉のかゆみや腫れ)が出ることがあり、治療開始当初は2週間に1回程度の通院が必要ですが、副作用が落ち着いていることが確認できれば1ヶ月に1回程度の通院間隔となります。

慢性副鼻腔炎

内服加療により改善が乏しい場合は手術(内視鏡下鼻副鼻腔手術)を行っております。

全身麻酔下で手術を行っております。入院期間は7日程度です。

頭頸部腫瘍

甲状腺や唾液腺(顎下腺・耳下腺)などにできた頸部の腫瘍について精査加療を行っております。CTやMRIなどの画像検査やエコーガイド下吸引細胞診検査を行い、手術適応と判断する場合は手術を行います。頸部には顔や声帯を動かすための神経が多数存在しています。甲状腺や耳下腺の手術の際は、神経損傷リスクを低減させるために術中神経モニタリングシステムを用いながら手術を行っております。全身麻酔下で手術を行い入院期間は1週間程度です。

突発性難聴・顔面麻痺の高気圧酸素療法

突発性難聴は突然左右どちらかの聞こえが悪くなる病気です。明確ではありませんがウイルス感染、ストレス、血管障害、自己免疫性など様々な原因が考えられています。

末梢性顔面神経麻痺は左右どちらかの顔の半分の動きが徐々に悪くなる病気です。初めは目が閉じづらい、口が動きづらいなどの症状が出て徐々に悪化し、数日で顔の半分が動かなくなります。突発性難聴と同じような原因により発症すると考えられています。

突発性難聴や末梢性顔面神経麻痺の治療は、発症早期(だいたい2週間以内)であれば入院していただき、ステロイドという薬を副作用に注意しながら点滴・内服します。ステロイドには聞こえや顔を動かすための神経の障害を回復させる作用があります。それと同時に高気圧酸素治療を 7 ~10 回行います。また、発症から1か月以上経過している場合でも、改善の可能性は下がりますが高気圧酸素治療を行うこともあります。

高気圧酸素治療は大気圧よりも気圧の高いカプセルホテルのような小さい部屋で約 90 分間横になってもらいます。これを 1 日 1 回、7 ~10 日間行います。高気圧酸素治療を行うことにより耳の奥の内耳という聞こえをつかさどる器官や神経の酸素の濃度が上昇されることがわかっており、それにより聞こえや顔の動きの改善を期待します。


術中神経モニタリングシステム

Q.高気圧酸素療法とはどんな治療ですか?

カプセルホテルのような小さな部屋で、大気圧よりも高い気圧の中で酸素吸入することで血液中の酸素量を増やし、病気を改善させることを目的とした治療です。一酸化炭素中毒や骨髄炎など、さまざまな病気に保険適応があります。

カプセル内の気圧が上昇すると耳の痛みがありますが耳抜きの操作を覚えれば殆どの患者様が治療可能です。

Q.治療時間はどのくらいですか?

1回の治療の時間は90分ほどです。約10〜30分ほど(治療圧や患者様の状況・状態により異なります)かけて上げていき、そのまま60分間治療を行い、再び15〜30分ほどかけ大気圧まで下げていきます。

Q.すぐ効くのですか

すべての患者様に一定の効果があるわけではありません。

治療は通常1回/1日ですが、症状が強い場合は毎日の治療が効果的です。少ない場合は7~10回、多い時は20~30回程度になります。 同時にステロイド剤も併用しながら聞こえや顔の動きの改善を図ります。

Q.副作用はありますか?

副作用として、カプセル内の気圧が上昇することにより耳の痛みが出ることがあります。うまく耳抜きができない場合は中耳炎になることがあり、その際は途中で治療を中止することもあります。


外来担当医表

  • ※表を横にスクロールしてご覧ください。

    ■休診・代診のお知らせ(医師の急な都合により、掲載できない場合がございます。)
    10月3日(月)午前  休診
時間
午前 三谷★ 倉本 倉本 倉本 - -
午後 福島★ 倉本 西條★ - - -
 ★非常勤医師

医師紹介

倉本 倫之介

  • 役職 耳鼻咽喉科医長
    専門分野 耳鼻咽喉科一般
    資格 日本耳鼻咽喉科学会専門医・指導医

受診について

セコメディック病院では、予約されている方や紹介状のある方が優先です。
また、予約された方は予約時間より前にお越しになっても、時間までお待ち願います。

サイトマップ
ページトップへ
看護部サイト採用エントリー

患者さま・医療関係者のみなさまへ
患者さまがよくご覧になれるページをご案内いたします。

よくご覧になられるページ